先日、品川区のしながわ防災学校の家庭・区民コースに受講しました。

会場は、区役所内にある防災体験館です。

 

 

入るとジージョくんがお出迎えしてくれます

 

当日は座学では防災、備えの知識に加え、

ハザードマップで地域について再確認したり、

実習では消火器を使った訓練や心臓マッサージなど。

そしてAEDも体験しました。

 

災害の自助・共助・公助のなかで、

自分のできる自助と共助について考える3時間でした。

 

今回はご存知かもしれませんが・・・

やっぱり大切、と感じたごくごく一部をご紹介します。

 

1.循環備蓄(ローリングストック)

食料やお水、日用品など少し多めにストックして、

古い順に使います

ドックフード類やトイレシートも一袋多めにストック。

 

2.トイレの問題

1日のトイレの回数と、トイレットペーパーの量、そして排せつ物の保管先・・・

簡易トイレを備えたり、トイレの代用をどうするか。

※講習で配布された詳しいパンフレットを教室(閲覧用)に置いています。

お気軽に声をかけてくださいね。

 

3.ガスメーターの復旧方法

大きな地震があると、ガスが止まります。

各家庭で止まっている場合に復帰する方法です。

東京ガスのHPへ↓

http://home.tokyo-gas.co.jp/gas/userguide/anzen/meter/reset/index.html

 

写真(左から):非常用トイレ・アルファ米

 

明日は事業所コースを受講します。