最近暑い日が続きますね。

PuppyBeansの室温もだいぶ上がり、ポルトは冷たい床にいる事が多くなってきました。

20150501

午後3時で29度、暑いです!

 

さて、今回は上手に節電をしつつ、わんちゃんの熱中症対策についてお伝えしたいと思います。

わんちゃんは人よりも暑さに弱く、寒さに強いこが多いです。

人と体感温度の違いをイメージすると、同じ気温で私たちがパーカーやフリースを1枚着込んだ感じでしょうか。

 

節電はエコでも節約でもとても大切なことです。

それと同時に、ペットの健康を守るのは飼い主さんの役目です。

上手に節電をしながらできる熱中症対策をいくつかご紹介したいと思います。

 

環境を見直してみる

 

まずは、わんちゃんがいる環境面を見直します。

わんちゃんのいる場所、サークルのある部屋などを北や東側の涼しめな部屋にしたり、風の通る場所にしてみる。

その時に直射日光が当たらないかもチェックしてみてくださいね!

また、エアコンをつける場合は小さい部屋に移動したり時間も室内の温度が高くなるお昼ころから夕方までにするなど調整する。

また、節電の定番ですが、エアコンと扇風機の併用は節電効果がありますよね!

20152525

冷たい床って気持ちいい!

 

冷え冷えグッズを使う

 

今、ペットグッズのお店に行くと、いろいろ種類やデザインがあってついつい見入ってしまいます。

いくつかご紹介しますので、ライフスタイルとわんちゃんに合うグッズを探してあげてくださいね。

 

<敷物やベッド類>

涼感を得る事が出来る生地やジェルが入ったマット、アルミ板などが売っています。

また、噛んだりいたずらをする可能性のあるわんちゃんにはプラスチックでカバーされているタイプもおススメです。

ふじさきはペット用ではありませんが、大理石のタイルを使っています。

 

<洋服>

また、機能性のある洋服を着せるのも良いですね。

着るだけで涼しくなったり、水に濡らしてから着せるタイプなどいろいろあります。

見た目も涼しくて、可愛いものがたくさん売られているので見ているだけでも楽しくなってしまいます♪

水を使うタイプの洋服は、水分による湿気で皮膚トラブルの原因になる場合がありますので、しっかり選んであげてくださいね。

 

<保冷剤>

ケーキなどに入っている保冷剤を、バンダナに巻いたり、バスタオルに巻いて使います。

手軽で便利な方法ですが、いくつか注意が必要です。

ひとつ目は、有毒な成分を使用していないものを使う。

ふたつ目は、いたずら噛みしないよう、目の届く範囲で使うまた、バンダナやタオルなどでしっかり包むなどの安全対策をする。

最後に、保冷剤が直接当たって冷え過ぎない様に気を付けてくださいね。

また、保冷剤の代わりに、水を入れたペットボトルを凍らせる方法もありますよ。

 

上手に節電をしながら楽しく夏をお過ごし下さいね!