品川区と大田区の境にあるPuppyBeansのふじさきです。


実はPuppyBeans、3月初旬から1ヶ月ほど外壁の改修工事をしていました。

20150416

建物全体に足場が組まれ、シートで覆われています

 

毎日、日替わりでいろいろな音がします。

 

足場を組む日は、

ガシャガシャとパイプを組んだり運んだりする金属音・・・


足場にシートを張る日は、

シートを張ったところから家の中が暗くなっていきます・・・


別の日は外壁タイルのチェック、

コンコン、コンコン・・・

家の中でいろいろな所から音がしてきます。


そして、たまに窓から見える人の影が見えたり、

足場を人が歩いたり、

家の外に常に人がいる気配がして、

 

ドリルなどは使わないのでうるさいほどではありませんが、

全体的に落ち着かない日が続きました。


心配なのはぷーちゃんとポルトです。

 

人は、明日から工事をして、

工程はこんなで、期間はいつまで、と伝える事ができます。

 

工事の人影や音は気にはなりますが「危険なもの」でないという事が理解できます。

 

 でも、ぷーちゃんやポルトには言葉で伝える事が出来ません。

 

急に家の外で聞きなれない音がして、知らない人がうろうろしている!!!

いつ、家の中に突入してくるかもわからない!!!

(工事の方ごめんなさい)

と感じ、警戒したり不安になるかもしれません。

場合によっては体調を崩す可能性もあります。

 

特にねこのぷーちゃんは心配で、

17歳という高齢にプラスして、スーパー社会化不足です。

家族と自宅と実家以外の世の中の人、モノ、環境はすべて怖いです。

 

ですがいざ工事が始まってみると、全く気にしていませんでした。

自分が家の「内」にいれば安全で、

「外」は何があっても全く気にならないようです。

 すこし拍子抜け・・・(^-^;)

 

では、ポルトは・・・?


予想通り・・・

毎日良く吠えていました。

工事の皆さん、その節はごめんなさい。

 

吠える事は決して悪いことではありません。

ですが、この工事の期間ずーっとポルトが警戒して、

怖いと感じて吠えるのは精神的にも肉体的にも負担がかかってしまいます。

 

また、吠え声でご近所さん、工事の方への迷惑も気になります。


そのため、ポルトの工事慣れトレーニングをしていきました。

 

この場合、まず環境を整えてあげる事が大切です。

「刺激」になる「工事」から隔離します。

 

まずは、クレートで安心させます。

ふだんからのクレートトレーニングが活きてきます!

20150416-2-

なるべく外の様子が伝わりにくい、家の真ん中に置いて、

その中で過ごすようにします。

様子をみて毛布などを掛けてあげるとさらに外と遮断されます。

 

そして、次は、わんちゃんがリラックスする音楽をかけます。

ふじさきが使うのは「ねこのストレス解消」の音楽。

この音楽は「ねこ用」ですが、これで何頭ものわんちゃんが落ち着いてくれた優れモノです。

 

こうして環境を整え、

気になる工事という「刺激」を遮断してあげることで

落ち着きやすくなります。

 

では、次に工事に慣れるトレーニング開始です!

長くなってきましたので、次回に続きますね!