先週末はペットと共生シンポジウムに参加してきました。

講師の話を聞いていて、しつけの大切さを改めて感じました。

これから飼い主様にお伝えしていきたいと思います (o^∇^o)ノ

 

12月に入ってからの更新は、お出かけシリーズとなってきていますが、

今回は旅行中のクレートの活用法についてのお話です。

 

楽しい旅行♪

 

そんな時に、「自分の居場所」のクレートがあると

わんちゃんが安心できるのでとてもおススメです♪

DSC_0905

 

わんちゃんとお泊りできる施設でも、そのルールはさまざまです。

 

わんちゃんOKが、お部屋だけでなく、

ずーーっと一緒にレストランで食事をしたり、お風呂OKもあります。

 

わんちゃん専用でないホテルの場合は、

お部屋以外はわんちゃんはお留守番、というホテルもあります。

 

お留守番する場合でも、クレートや備え付けのケージに入れる事がルールだったり、

フリーでも良かったりいろいろです。

 

飼い主さんとわんちゃんが離れる時、わんちゃんがのお粗相や、いたずらが心配。

そんな時にクレートをおすすめします。

(お粗相の理由は過去ブログへ→

 

知らない場所で飼い主様が見えない事に不安を感じるわんちゃんは

少なくないので、クレートに入れてあげる事で安心感を与えれあげられます。

 

また、夜寝る時もクレートで寝られるようにしておくと、

ベッドの横で一緒に眠る事ができますので、

夜中にわんちゃんの様子を見てあげる事もできます。

 

なぜ、クレートをお勧めするかと言うと、

別のお部屋に泊まっている

わんちゃんに反応する可能性があるからです。

 

お部屋でフリーにしていると

わんちゃんのテリトリーは「お部屋の中」という広い範囲。

 

お隣のわんちゃんや、以前泊まったわんちゃんの気配が

気になって仕方がない可能性があります。

お隣りのわんちゃんが元気だったり、仲良くなった子ならなおさらです。

時には吠えてしまうかも。

 

ですが、クレートの中という限られた空間ですと、

クレートの外は、わんちゃんにとって「外」。

DSC_2410

フリーの状態よりも刺激が少なくなり、

ゆっくりくつろがせてあげる事ができます。

 

わんちゃんが穏やかにしてくれると私たちリラックスできますね♪

 

ぜひクレートトレーニングしてみませんか。